こんなHOTなブランドが、元気に過ごせるってもんです。sneeuwスニュー

お店のOPENをする前に、どんなショップにしていくか?年齢層をいくつにするか?平均単価をどのくらいに想定していくか?いろんな打ち合わせをしながら、あーでもない、こーでもない。

40代、50代、60代

この年代になると、どんな女性でも
自分のこと以外で、時間を費やさなくてはいけなくなります。

子育て真っ最中のひと。

子育てが終わり今度は親のこと。

パートナーと暮らす人は、相手の生活の変化も本人以上に関わります。

社会に関わっている人は、それなりの経験を積み、責任ある立場になりますし。

なかなか自分一人のことだけを考えればいいというわけにもいかなくなる大人の女性たち・・・・

オーナーの海野がずっと言っていること・・・

「洋服を選ぶ時、お気に入りのものを纏うとき。元気に過ごすことが出来る。自分を奮い立たせることが出来る。」

心に秘めているこの思いを聞いた時、これを大切にお客様に伝達していかなくては・・・そう思いました。

「幸せの時間は自分の好きなもので作っていく。」そんな先輩女性の生き方・・・憧れます。

そんなオーナーがここ3年ほどお気に入りのブランドがあります。

初めて彼女に教えてもらったとき、なんてHOTなデザインのブランドだろうと思いました。

これぞ、着ると元気になる服!!

sneeuw スニュー

2021AWのコレクションはテーマ「TRAIN」電車がテーマです。

デザイナーの雪浦女史は経歴が「面白しろ+凄い」

東大の工学部を卒業後、皆さんが毎日使用している・・・そう、おトイレのお陶器の人間工学的な研究をなさっていたご様子。

洋服がとにかく好きで、とあるブランドにお勤めになり、パターンや生産を学び、その後サラリと独立。

彼女の組み立てる洋服たちは素材や人間のラインをよく研究し、独特なデザインに仕上がってます。

着用する時には、え〜こんな風にもなっちゃうの?
こうすれば、こんなラインにもなるよ。

展示会の際には、彼女の思いやアイデアがワンサカ!!

Fankyでとても楽しい!そして、「真摯に服作りをしている人なんだな〜」とすぐに彼女のフアンになってしまいました。

またまたこの出会いで、「好きに勝るものはない!!」
この定義、やっぱり再確認した私です。

こちらは、電車のシートの柄をモチーフにテキスタイルをデザイン。

電車に乗った時にシートの柄なんて目に入らないよ〜。

彼女の頭ん中をちょっと覗いてみたくなります。

 

 

シンプルなワンピースではありますが、ストンと落ちるラインも綺麗でありながら、テキスタイルにもこだわりが・・・

生産も取り扱い店舗も少ないので、季節の頭の方ですぐに売れきれてしまう。

今シーズンも可愛いそして楽しいデザインが沢山でした。

2021AWからのお付き合いのブランドですが、洋服の好きな従来の顧客様は

ご試着をすると、即決でご購入される方が多かったです。

通販の方も気になる方は、ご自身の体型等教えてくださいね。詳しいサイズ感をお伝えさせてください。

 

2022の春夏物が来週からお店に並び始めます。

スタッフも皆、Waku!waku!

 

 

先日「この2、3年でオーナーが買い集めたスニューの洋服たち」を

自宅のクローゼットから持ってきてもらいました。

いろんなものを着てきた私たちの年代だからこそ

「纏い、遊び」たくなる洋服たち。

本人曰く、「グレーばっかりね〜」笑

好きな色、好きな服、好きなもの、好きな時間と好きな人たち。

そんな「好き」は何よりも心地よくて、毎日元気に過ごさせてくれます。
  
人生100年と言われる後半戦、笑って笑って笑い倒すぞ!さあ、皆様もご一緒に。

                               nakai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。